学習塾でもプロから学ぶことができる!

子供の学力を上げるためにと塾や家庭教師のどちらがいいか悩みますよね。そんな親御さんのために学習塾や家庭教師についてをこちらでは紹介していくので参考になさってみてください。

学習塾と家庭教師で比べた場合、世間一般では家庭教師のほうがプロ意識をもって専門的に教えているというイメージを持たれがちです。
それに対して、学習塾は塾長などの管理者以外は大学生のアルバイトが多いイメージです。
このイメージは例えば札幌で見ても全国的に見てもそこまで意識の差はないかもしれません。
もちろん、学生のアルバイトでも経験を積んで子供たちに熱心に教えてくれる講師や、後々に教師を目指すために勉強している講師もいます。
しかし、同じお金を払うのなら、大学生のアルバイトよりも、札幌にある学習塾受験に特化した専門性と合格へのノウハウを持ったプロに学びたいと思うものでしょう。
家庭教師はプロが多いイメージがあると思いますが、家庭教師の中にも大学生のアルバイトはいます。
新聞の募集欄に「医学部学生家庭教師、生徒募集」などと広告が出ていることがあります。
医学部の学生さんといえば、それだけの学力があるので勉強を教えてもらうにはピッタリと思うかもしれません。
医学部を目指す生徒にとっては現役の医学部の学生から学ぶことも多いかもしれません。
しかし、それ以外の大学合格を目指す生徒にとってはそれがベストな選択とは言えない場合があります。
高校受験や大学受験の際に大切になるのは蓄積されたデータです。
学習塾と家庭教師の最大の違いはデータの量にあります。
学習塾には今までその塾で受講してきた生徒の膨大なデータがあります。
どの程度の成績の子がどんな勉強をして希望する高校や大学に合格してきたのかを示すデータです。
塾講師を本業としているプロの講師はそのデータを解析し、生徒を合格に導いています。
それは、片手間でやっている大学生のアルバイトには決してできないことです。
また、プロの講師のいる学習塾はその経験を活かし、子供の学ぶ意欲を喚起させます。
学生アルバイトの先生は生徒との年齢が近いこともあり、生徒と仲良くなりがちです。
これは良い点といえるところもありますが、学ぶという点においては近寄りすぎることによって生徒を学びから遠ざけてしまうこともあります。
それに対し、プロの講師は適度な距離をもって生徒と接することができます。
学習塾においてのメリットは料金にもあります。
家庭教師はマンツーマンで指導してくれるという利点がありますが、1時間あたりの料金が高く設定されがちです。
その点、学習塾は1時間に指導する生徒が多い分、料金は安く設定されています。
それではきめ細かな指導ができないのではないかと不安に思う保護者もいるかもしれません。
多くの学習塾の場合、自習室が完備されていることや、講師の指導を補佐してくれる補助員がいます。

関連している記事はこちら