子供の学力を上げるためにと塾や家庭教師のどちらがいいか悩みますよね。そんな親御さんのために学習塾や家庭教師についてをこちらでは紹介していくので参考になさってみてください。

イジメ問題には札幌の家庭教師とe-learning

学校でのイジメが原因で不登校になってしまうケースは少なくありません。文部科学省は「24時間いじめ相談ダイヤル」を設置し、各都道府県でも独自に対策を打ち出していますが、まだまだ解決には至らないのが現状です。
たとえ学校へ行けない状態でも、家庭での学習を続けていれば、高卒認定試験などを利用することで、子どもの将来の選択肢を狭めないで済みます。
その中でも家庭教師やe-learningは、不登校になった子供に対しての学習方法のひとつとなります。
家庭教師には学生アルバイトと専門のプロがいます。学生アルバイトは子どもと年齢が近いため、親しみやすい先輩としてアドバイスを受けられるかもしれません。それがイジメ問題解決の糸口になる可能性もあります。
ただし深刻な悩みには対処できない場合もあり、また子ども自身が年齢の近い先生を嫌がる恐れもあります。
専門のプロは学習内容の指導に関しては学生よりも秀でています。認定試験を目指す場合など、しっかりと勉強したいときには頼りになるでしょう。
不登校の生徒に対応した経験も、アルバイトより豊富な場合が多いと言えます。
子どもがひとりで勉強することを望むなら、e-learningが適しているかもしれません。
ネット環境さえあれば、いつでも自室で勉強できるのが特徴であり、習熟度に合わせて教材を選ぶことも可能です。また家庭教師よりもコストが安いというメリットがあり利用しやすいです。
教材には興味を惹くような工夫が施されていますが、家庭教師に比べるとモチベーションの維持が難しいため、本人のやる気が重要になります。
札幌にも家庭教師の派遣業者や、e-learningを採用している学習塾が多数あります。子どもの状態や希望に合わせて、適切な方法を選んでみるとよいでしょう。

関連している記事はこちら