子供の学力を上げるためにと塾や家庭教師のどちらがいいか悩みますよね。そんな親御さんのために学習塾や家庭教師についてをこちらでは紹介していくので参考になさってみてください。

家庭教師の依頼は地域密着型の公欠に対応できる会社を

部活動や課外活動など文武両道で頑張っているお子さんも多いことでしょう。
部活動の公式試合やコンクールなどの公欠で、大切な授業を受けられないとか、自分の目標とする志望校があって塾に通いたいけれど時間がないという悩みを抱えていらっしゃる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな方は、自分の都合を優先でき、自分に合った授業を行ってくれる家庭教師を利用することをお勧めします。
家庭教師であれば、塾のように行き帰りの時間のロスもなく、安全も確保できますので安心して授業を受けることが可能です。
また、地域に密着したところであれば、通っている学校の情報などを把握していることが多く、公欠などで大事な授業が受けられなかった場合でも、その部分をフォローしてくれたり、行事や進度に対応して学習日や内容を変更してもらえます。
塾の授業は、大勢の中で切磋琢磨されるというメリットがありますが、子供のタイプや部活動などで忙しい場合は、個別対応ではないために取りこぼしが出て、効果が出にくいことがあります。
家庭教師であれば、わからないところをそのままにすることが少なくなるので、ピッタリ合えば驚くほどの効果が上がることが多いようです。
塾では、学校の進度よりかなり進んで学習している場合もあり、そのような話を聞くと不安になることもあると思いますが、最も大切なことは基礎をしっかりと固め、漏れがないようにすることです。
ですから、今学校で習っていることをきちんと習得したうえで自分に必要な学習を効率よく行うことができれば大丈夫です。
公欠などで受けられなかった場合は、きちんと学習しておきましょう。
地域密着の家庭教師の中には、自分の学校の先輩もいるかもしれません。
先輩としての精神的なサポートも期待できるかもしれません。
しかし、家庭教師には相性もあり、料金体系なども様々ですので、よく調べてお子さんの学力が伸ばせるようなところを選びましょう。

関連している記事はこちら